松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.8  遊行柳

田一枚 植えて立ち去る 柳かな
たいちまい うえてたちさる やなぎかな
ta itimai  uete tatisaru  yanagi kana

【教秀意訳】
 西行の歌「しばしこそとてたちどまりつれ」で名高い、遊行柳を見ることができました。今、その木陰で沈み、物思いにふけっておりますと、目の前の早乙女たちは早いものであっという間に一枚の田んぼを植え終えているではありませんか。田を立ち去る乙女たちとともに、そろそろ私たちも先を急ぎますかな

The meaning of this haiku

I was able to watch a famous willow composed a haiku on. I am depressed in the shade of a tree of the willow and am lost in meditation now. The young girls of at hand have finished setting one piece of rice field with an early thing in no time. With young girls leaving a field, we will hurry in a point soon.

所指的這俳句

我能觀賞著名的柳樹組成的俳句。我很沮喪,在樹蔭下一棵樹的柳樹­,我迷失在沉思。年輕 女孩的手,在已經完成設置一塊稻田可與早期的事,沒有時間。與年­輕女孩離開現場,我們 會急於在這一點很快。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『遊行柳』   【No.8】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン