松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.1  深 川

草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家
くさのとも すみかわるよぞ ひなのいえ
kusanotomo sumikawaruyozo hinanoie

【教秀意訳】
 わたしが住んでいた頃は、わびしい草庵だった。新しい住人には、妻も女の子もいるという。おりから、ひな祭りのころでもあり、きっとかわいい人形を飾ったにぎわいのある家になることだろう。(わたしは旅に出てしまうが・・・)

When I lived, it was a dreary thatched hut. It is said that there are both a wife and a girl to a new resident. It will be to become a house with the turnout who surely displayed a dear doll in the days of the Doll's Festival from an occasion. (I go for a trip, but it is ...) It was about (a calendar, May 16), spring of Basho 46 years old on March 27, 1689 that Basho Matsuo left from a Basho hermitage of Edo Fukagawa for Oshu with Sora Kawai of a pupil. It is the departure of trip 2,400km, and it is an opening of a trip of about 5 months.

我住的時候,這是一個沉悶的茅草屋。 據說新居民既有妻子,也有女孩。 這將成為一個有投票率的房子,在娃娃節的日子里肯定會展示一個親愛的玩偶。 (我去旅行,但是是...)是關於(日曆,5月16日),1689年3月27日的Basho 46歲的春天Basho Matsuo從Oshu的Edo Fukagawa的Basho隱居處離開了 學生的Sora Kawai。 行程2,400km的出發,是約5個月的旅行的開放

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『深川』   【No.1】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン