松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.21 紅花問屋

眉掃きを 俤にして 紅粉の花
まゆはきを おもかげにして べにのはな
mayuhaki wo omokage ni shite beni no hana

【教秀意訳】
 紅の花を見ていると、まるで古代の人が眉に付けたおしろいをはくとき使った「まゆはき」のことが思い出されます。

【元禄2年(1689年)の夏 芭蕉46歳 詠む】

 

The meaning of this haiku

I associate a tool wearing the face powder which a just ancient woman attached to the eyebrows when I watch a dyer's saffron. Basho wrote it at the age of 46 years old in summer of the year 1689.

所指的這俳句

当我看到一个戴尔的藏红花时,我把一个戴着面粉的工具联系起来,这是一个古老的女人附在眉毛上的。 Basho在1689年夏天写于46岁。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『紅粉問屋』   【No.21】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン