松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.23 最上川

五月雨をあつめて早し最上川
さみだれを あつめてはやし もがみがわ
samidare wo atumete hayashi mogami gawa

【教秀意訳】
 降り続いた雨で、水かさを増した最上川の流れがはやくなっている。しかたない、ここ酒田への船着き場である大石田(おおいしだ)で川の流れがおさまるのを待つこととしよう。

 

The meaning of this haiku

By the rain which continued to fall, I add to the volume of water, and streamflow becomes fast. There is no help for it. I cannot get into a boat. I will decide to wait for streamflow to be settled in Ouishida that is a wharf to here Sakata.

 

所指的這俳句

在继续下降的雨中,添加水量,流量变快。 它没有任何帮助。 我不能上船。 我将决定等待流量在大石田定居,这是一个到这里酒田的码头。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『最上川』   【No.23】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン