松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.24  羽黒山

有難(ありがた)や雪をかおらす南谷
ありがたや ゆきをかおらす みなみだに
arigata ya yuki wo kaorasu minami dani

【教秀意訳】
 尊いお山のおかげで、夏にもかかわらず、ここ南谷にも、残雪の涼しい風がふいてきて、とてもすごしやすいです。なんと、ありがたいことでしょう。

 

The meaning of this haiku

Toward this south valley, cool wind by the remaining snow blows from the holy mountain. I can spend it coolly in the summer. We are very lucky.

所指的這俳句

在这个南部的山谷中,剩下的雪从圣山吹来的凉风。 我可以在夏天凉爽地度过。 我们很幸运。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『羽黒山』   【No.24】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン