松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.31 象潟 2 

汐越や鶴はぎぬれて海涼し
shiokoshiya  turuhagi nurete umi suzushi
しおこしや つるはぎぬれて うみすずし

【教秀意訳】
 汐越(海と潟のさかい目)が見えます。そこは、河口が砂で海とへだており、今は満潮時なので波であらわれています。ちょうどそこに鶴たちが降り立って、すずしげな波しぶきをかぶっています。その鶴の脛はぎ(足の部分)が海水に濡れて見るからに涼しそうななが
​めだなぁ。

 

The meaning of this haiku

I see the sea and a boundary line of the liman. In there, the exit of the river parts from the sea in sand. I appear in a wave now because it is a high tide. Cranes get down on there and just take cool sea spray. The part of the foot of the crane gets wet with seawater, and it is a cool view.

 

所指的這俳句

我看到大海和利曼的边界线。 在那里,河流的部分从海中出来的沙子。 我现在出现在浪潮中,因为它是一个涨潮。 起重机停在那里,只需要冷却海浪。 起重机脚的一部分被海水弄湿了,这是一个很酷的景色。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『象潟』   【No.31】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン