松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.35 那古の浦  

早稲の香や 分け入る右は 有磯海
Wasenoka ya wakeiru migiwa ariso umi
わせのかや わけいる みぎは ありそうみ

【教秀意訳】
 旅を続けていますと、その道づたいに、もう早稲の香りがしてきます。それをかきわけて、加賀の国(石川県)へむかっております。すると、どうでしょう、右手には、有磯海である富山湾が見えてきたではありませんか。もうすぐ金沢に着きますよ。

 

The meaning of this haiku

In the middle of a trip, I smell the early rice crop. It is fast that time passes. I push a rice field aside and, toward the country (Ishikawa) of Kaga, walk. Then, towards the right hand, I saw Toyama Bay which was Ariso Sea. It is an extensive, magnificent view.

 

所指的這俳句

在旅途中,我闻到了早期的稻米作物。 时间过得很快。 我把稻田推到一边,朝着加贺的国家(石川县)走路。 然后,在右手边,我看到了作为Ariso海的富山湾。 这是一个广阔的壮丽景色。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『那古の浦』   【No.35】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン