松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.43 全昌寺

今日よりや 書付 消さん 笠の露
Kyouyoriya  Kakituke  kesan  Kasa no tuyu
きょうよりや かきつけ けさん かさ の つゆ


【教秀意訳】
 今日から曽良と分かれて、一人で旅をすることになります。笠に書いた「同行二人」の文字も、露のしずくで、消さなくてはいけませんね・・・。ああ、一人か・・・

 

The meaning of this haiku

I part from Sora from today and will do a trip alone. I intend to delete the letter of "the twosome" that I wrote to the shade with dewdrop. I am slightly lonely when I think that I travel alone.

 

所指的這俳句

我从今天起离开索拉,将独自旅行。 我打算删除我用露珠写到阴影中的“二生体”字母。 当我认为我独自旅行时,我有点孤独。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『全昌寺』   【No.43】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン