松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.46 気比神宮

月清し  遊行の持てる 砂の上
Tuki kiyoshi  yugyouno moteru  suna no ue
つききよし ゆぎょうのもてる すなのうえ


【教秀意訳】
 第二遊行上人(しょうにん)以来みずから白砂を運んで一面に敷き詰めたといういわれのある気比明神(きひみょうじん)に月の光がこうこうとさしています。そして、月明かりで砂が光っているのは、きっとその行いを讃えているのではないかと思います。なんて、美しい光景なんだろう。

 

The meaning of this haiku

Moonlight lets you do it brightly in Kehi Myojin with the wherefore which I carry a sand bar since the second play line holy priest (an alien to carry on its back) by oneself and spread all over all over. And I think that it may surely praise the act that sand shines by moonlight. It will be what a beautiful scene. The front of a main shrine of Kehi Myojin carried a sand bar since the second play line holy priest (an alien to carry on its back) by oneself and spread it all over all over. Basho went and worshiped at here Kehi Myojin that was a shrine of the Emperor.

所指的這俳句

月光让你在Kehi Myojin明亮地做,因为自从第二个游戏线神圣牧师(一个背着背的外星人)自己并且遍布各地,我带着沙洲。 而且我认为它肯定会赞扬沙子在月光下闪耀的行为。 这将是一个多么美好的场景。 Kehi Myojin主殿的前面自从第二个游戏线神圣牧师(一个背着背的外星人)自己带着沙滩,并将它遍布全身。 芭蕉在这里敬拜了Kehi Myojin,那是皇帝的圣地。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『気比神宮』   【No.46】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン