松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.49種の浜2

波の間や 小貝にまじる 萩の塵
Naminomaya Kogainimaziru  Haginothiri  
なみのまや こがいにまじる はぎのちり


【教秀意訳】
 豪勢な船遊びをした後、浜辺に出てみました。そうしたら、波の間から、小さな貝に交じって、萩の花びらがいっぱい集まっていました。とても、きれいでした。花びらは、海に入っても、美しいものですね。 

The meaning of this haiku

I tried to appear in the beach after having done grand boating. From an interval of a wave, I was mixed in a small shellfish if I did so it, and petals of a bush clover gathered much. I was very beautiful. Even if a petal enters the sea, it is a beautiful thing.

 

所指的這俳句

在完成大型划船之后,我试图出现在海滩上。 从一个波浪的间隔开始,如果我这么做的话,我会被一只小贝壳混合在一起,而灌木三叶草的花瓣则聚集得很多。 我很漂亮 即使花瓣进入大海,也是一件美丽的事情。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『種の浜』   【No.49】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン