松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.50 大垣

蛤の ふたみに 別れ 行く秋ぞ
Hamagurino  Hutamini  Wakare YukuAkizo
はまぐりの ふたみにわかれ ゆくあきぞ


【教秀意訳】
 長くて苦しい旅もなんとか無事に終えることができました。蛤のふたから離れるのはつらいけど、新たに二見へと旅立ちます。またね。(身と心のふたみは、常に輪廻転生の旅なんですよ。身はいつか朽ちて無くなりますがね。)
奥の細道は、五ヶ月間かかった旅でした。でも、終わりは、はじまりと同じなんですよ。

 

The meaning of this haiku

I was able to finish a long, hard trip safely somehow. Though it is hard, it leaves for Futami newly to be separated from a cover of a clam. Again. The back narrow path was the trip that took five months. But an end is the same as an opening. A traveling companion did an authority of paths where the (before it), the Basho came for a meeting to Tsuruga on August 21 and entered Oogaki. But I have what kind of course I traced from Tsuruga to Oogaki now and do not share it.

 

所指的這俳句

我能够以某种方式安全地完成一次漫长而艰难的旅程。 虽然很难,但是新的二子与蛤蜊的盖子分开了。 再次。 后面狭窄的道路是花了五个月的旅程。 但结局与开放相同。 一个旅行的同伴做了一个权威的路径(在它之前),芭蕉于8月21日来到敦贺会议并进入大垣。 但我现在从敦賀到大垣有什么样的路线,不要分享。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『大垣』   【No.50】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン