松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.36 金沢1

塚も動け わが泣く声は 秋の風
Thukamo ugoke waga nakukoe wa aki no kaze
つかもうごけ わがなくこえは あきのかぜ

【教秀意訳】
 どんなにか無念であったろうなー、一笑(いっしょう)。おまえに一目会いたかった。わたしの鳴く声は秋の風のようにもの悲しい。おい、わたしの声が聞こえたら、塚でもいいから動いてくれ・・・返事をしてくれ・・・。

 

The meaning of this haiku

You will be to have been very regretful. When you lived, I wanted to meet you once again. Will you hear my voice that you remember you, and cry from heaven? Surely I am sad, and you may hear it like autumn wind. You please answer to me if you hear my voice.

 

所指的這俳句

你会非常后悔的。 你住的时候,我想再次见到你。 你会听到我的声音,你还记得你,并从天堂哭泣? 当然我很难过,你可能会听到它像秋风一样。 如果你听到我的声音,请回答我。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『金沢』   【No.36】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン