検索

【奥の細道】 脚本No.2 教秀 作

最終更新: 2019年8月5日

(帰りのふもとの旅籠)

旅籠呼び込み『旦那、日も暮れてきましたで、わが宿へお泊まりくだせいまし。何ねぇ、つい先日、この先の峠で物取りがありやしてねぇ、そりゃ、大変だったんでさあ。悪いことは言いません。お安くしておきますぜ。』

宗房『先を急ぐので、お断り申す。』

呼び込み『ちぇ、ひとが親切に言っているのに、何があっても知りませんぜぇ〜』

(峠から故郷が見える、月がこうこうとひかり、鈴虫の音が聞こえる)

(藩屋敷)

良忠『して、季吟先生はどうであった。』

宗房『たいそう殿のことをお褒めになっておられました。』

良忠『書状を読んだが、実に季吟先生の助言は的を得ており、大変勉強になる。』

宗房『殿、私めも峠からの月を見ながら、句を詠んでみました。』

良忠『ほう、それはおもしろい、詠んでみぃ。』

宗房『ははぁ、では。』

  『月ぞしるべこなたへ入せ旅の宿』

(明るい月を道案内に宿にお入りくださいよ)

良忠『ははっあ、これは愉快。そちの先ほどの帰路の話と通じておるな。』(二人の笑い声)

(良忠病床のシーン)

良忠『私はもう長くはない』

宗房『何をおしゃいます。若殿こそ、近い将来、藤堂藩を治めるお方。』

良忠『お前に最後の命を申しつける。』

宗房『はい』

良忠『私が亡くなっても、私の意志を継ぎ、俳諧を続けよ、わかったな。頼んだぞ。よいな。』

(宗房、良忠の手を握り、泣き崩れる。)

宗房23歳は故良忠公(享年25歳)の遺髪を高野山報恩院に納める一団に加わり、菩提を弔い、仕官を退いた。

  • YouTube

趣味の書道サークル

(書道上達 & 脳活性化)