検索

【奥の細道】 脚本No.5 教秀 作

(神田上水場 工事現場のシーン)

弥助『桃青さま、大変でさあ。め組の奴ら、勝手に人夫を増やしやがって、倍の給金を出せって、大騒ぎを起こしてまさあ。』

桃青『して、そのめ組の人夫かしらは、なんという者じゃ。』

熊吉『たしか、井蔵とか言ってました。』

桃青『熊吉、即刻、ここへ井蔵とやらをよんで参れ。』

(井蔵との会見)

井蔵『俺らだって、仲間がいて、必死でおまんま食ってるんだ。そんなこと、お前ら、これっぽちも理解できねえんだよ。』

桃青『これまでの井蔵どのの話、よ〜わかり申した。倍に増えた人夫分の給金、まちがいなくお支払いいたしましょう。』

(弥助・熊吉、驚きの声)

井蔵『こいつは、いい。話がわかる旦那だ。』

桃青『ただし、ひとつだけ条件があります。』

井蔵『なんだ、その条件とは。』

桃青『井蔵どのにとっては、簡単なこと。』

(弥助・熊吉、身をのりだして、言葉をまつ)

桃青『その条件とは、工期を半分にすることでござる。』

  『さすれば、当方も助かるし、め組の方々も次の仕事で働ける。』

井蔵『なあんだ、そんなことか。給金が増えた分もらえりゃ、お安いご用だぜぇ。』

桃青『それでは、早速お頼み申す。』

井蔵『がってん、承知した。』

(井蔵が走り去ったあと)

弥助『桃青どの、一時はどうなることか、肝をつぶしましたよ。』

桃青『これも、俳諧のおかげですよ。いつぞや、弥助どのは、俳諧は所詮遊びで銭は産まぬと言ったことがありましたね。』

弥助『え、俺、そんなこと、言いましたっけ。』

桃青『まあ、忘れたのならいいですよ。その時の答えを今お返しいたします。俳諧は生きる知恵を産むのです。』

弥助『う〜〜ん。』(現場監督桃青の笑顔と工事で働く人々の様子)

  • YouTube

趣味の書道サークル

(書道上達 & 脳活性化)