検索

【昔の緊急通信手段】

趣味の書道サークル https://kyoushhu.com 筆ペン 書道 教秀 これは、私の想像ですが、本能寺の変などの急変の知らせにはきっと複数の鳩が利用されていたと思います。猛禽類のリスクと、たとえ見つかったとしても暗号化した数字であり鍵となる文書がなければ解読不可能なので、充分事足ります。もちろん藩主と一部のものだけがそのカラクリを知っているので、オモテには決して出てこないでしょう。おそらく、鍵となる文書には、藩主の死の項目もあり、その原因とされる全ての項目が列挙されていたと思います。しかし、謀反の件はおそらく想定外の欠落事項であったと思います。 現代は、大地震が起きると、基地局がやられるので、携帯電話が繋がりません。昔の人のほうが鳩の帰巣本能を利用した確実な連絡手段を持っていたと思います。アナログの方が一大事には活躍するのかもしれません。現代社会は電気が止まれば、全て動きませんから。

追伸『ウィキペディア(Wikipedia)より』 日本には、カワラバトは飛鳥時代には渡来していた。伝書鳩としては江戸時代に輸入された記録がある。日本では、1970年代を境に、鳩レースの平均帰還率は低下傾向を辿り、数千羽規模の登録レースでも、最終レースを待たず全滅することが各地で頻発している。原因は解明されていない。主に猛禽類の大増殖説・地球の自転速度の減少と地磁気減衰の影響説・携帯電話の電磁波影響説・育種上外来種偏重かつスピード重視の改良が横行した結果の3説が唱えられている。


  • YouTube

趣味の書道サークル

(書道上達 & 脳活性化)