検索

【 シンクロ 】

 


自分の考えと同じものがこの三次元世界に現出していると仮定したら、まるで映画マトリックスの世界である。今の状況は、自分の念いの結果であり、プラスもマイナスも含めて、自分にとって最高の環境であるととらえてみる。そうすると、自然に『ありがとう』の言葉がわきあがってくる。この世は、自分の思念とシンクロしているとしたなら、やるべきことはただひとつ、思念のベクトルを幸せの領域に向けることである。今に感謝しつつ、未来の幸せな自分を念い描くことである。

 具体的には、ゆったりした時間をつくり、ぼんやりと自分の理想とする環境をおもう。そして、周囲の笑顔を感じとる。その中で、話しかけたり、周囲の環境を味わってみる。

 ぼんやりできる時間で、想像の旅に出てみると、結構、楽しいのである。なぜなら、旅行代はタダで、しかも今の自分に適したヒントがもらえることがあるから。

 実を言うと、就職していない20歳のとき、このことを実践していた。亡くなった父親に言われた。『何をぼやっと考えてるんだ。』と。私は正直に答えた。『将来のなりたい自分を想像し、そのシーンを空想していたんだ。そうしたら、周囲の笑顔まで見えたんだ。』亡父『そんなぼうっとしても、何にもならない、時間のムダ。』と切り捨てられた。しかし、その数年後、同じシーンを実現できた。まさに、あのときのムダと言われた想像と現実世界がシンクロしたのである。

趣味の書道サークル

(書道上達 & 健康維持)

 

お問い合わせ

hm5771@gmail.com

  • YouTube