top of page
検索

幸せな自分時間

 朝早くまたは夜遅く自分の選んだ好きな課題(A4用紙)を書いています。その時間は、自分が無心になれるとても貴重な時間です。集中力が最も高まります。

 昔から手先を使うとボケないと言われています。その意味で、書いてる事は私にとって、とても大事です。

 昔は、決められた課題を決められた時間に書かなくてはいけませんでした。だから、自分の意思が働かないので、やらされていると言う感じでした。疲れがどっと出ました。なぜなら、受け身の学習であったためだと考えます。

 昔と違うのは、自分で好きな課題を選んで、書くことができることです。だから、書いていて楽しいのです。こんなにも自主性というものが学習にプラスになるとは思いませんでした。

 しかも、書いていて無心になれるということです。何故かと言うと、昇級や昇段のために書いているのではないということがわかっているからです。書くこと以外何もないのです。とても純粋です。

強いて言えば、きれいに書きたいという欲だけです。

 私は、この自分時間を持つことができて、とても幸せです。



bottom of page