十七条憲法は、憲法十七条、十七条の憲法(じゅうしちじょうのいつくしきのり)とも言われる。『日本書紀』、『先代旧事本紀』には、推古天皇12年4月3日(ユリウス暦604年5月6日)の条に「十二年…夏四月丙寅朔 戊辰 皇太子親肇作憲法十七條」と記述されており、『日本書紀』には全17条が記述されている。この「皇太子」は、「厩豐聰爾皇子」すなわち聖徳太子を指している。

憲法の名を冠してはいるが、政府と国民の関係を規律する近代憲法とは異なり、その内容は、官僚や貴族に対する道徳的な規範が示されており、行政法としての性格が強い。思想的には、儒教を中心とし、仏教や法家の要素も織り交ぜられている。

また、冒頭(第一条)と末尾(第十七条)で、「独断の排除」と「議論の重要性」について、繰り返し説かれているのも大きな特徴である。そしてその「議論重視」の精神が、五箇条の御誓文の第一条「広く会議を興し、万機公論に決すべし」にも(ひいては近代日本の議会制民主政治にも)受け継がれているのだとする意見が、保守層に度々見られる。

                   Wikipedia

十七条の憲法 1.jpg
十七条の憲法 2.jpg
十七条の憲法 3.jpg
十七条の憲法 4.jpg
十七条の憲法 5.jpg
十七条の憲法 6.jpg
十七条の憲法 7.jpg
十七条の憲法 8.jpg
十七条の憲法 9.jpg
十七条の憲法 10.jpg
十七条の憲法 11.jpg
十七条の憲法 12.jpg
十七条の憲法 13.jpg
十七条の憲法 14.jpg
十七条の憲法 15.jpg
十七条の憲法 16.jpg
十七条の憲法 17.jpg
十七条の憲法 訳 1.jpg
十七条の憲法 訳 2.jpg
十七条の憲法 訳 3.jpg
十七条の憲法 訳 4.jpg
十七条の憲法 訳 5.jpg
十七条の憲法 訳 6.jpg

趣味の書道ネットサークル

【 一般 細字 】筆ペン(小筆)

​松本 秀夫

お問い合わせ

2222@kyoushhu.com

  • YouTube