【教秀のポイントレッスン】
 
半紙で書いても、課題用紙で書いても、いいです。
 
できれば、​両方書くのがベストです。
 
課題用紙には、筆ペンまたは小筆、鉛筆、ボールペン、フェルトペンで書くとよいでしょう。

・小筆や筆ぺん(あるいは硬筆)で、四角の中に字をおさめる練習することは日常書く際にある程度、四角の文字の部屋をイメージするようになります。そうすると、大きさがそろい、統一されて、見やすくなってくるのです。

 

・日本独自の仮名が貴族の遊び心から生まれたなんて、すごいですよね。やはり、遊びって、大事なのかも。先輩からルールを教わったり、いろいろなことを学んだりできるから。

・平安時代 漢字のくずし遊びから、仮名という日本独自の文字が成立したが、仮の名であって、正しい字はずっと漢字だった。近世になって、ようやく認められるようになってきた。漢字と仮名の融合までに長い歴史を感じる。

・本来、漢字は右利き用で作られました。時の王様が右利きで左で書くことを忌(いみ)嫌(きら)ったから。ひらがなは漢字からできているので、本来、右利き用です。だから、左利きは書きづらい。なるべく、書くときは右利きで書くのが書きやすい。【日本語の宿命】

 

 

こどもの頃、この四角のマス目に書くのがイヤだったんです。

これが牢獄に見え、規則で縛られているように見えたから。

しかし、指導者の立場になって、見方を変えたんです。

『これは、自分のすてきなお部屋なんだ』と。

そうすると、抵抗なくスラスラ書くことができるようになったんです。人は、悪いイメージや嫌なイメージがトラウマとなり、

​かえって障壁となってしまうことがあるんですよ。それを取り外した時、一変するんです。そして、喜びと感動にひたることができるんです。きっと、あなたも。

I would be happy if you could practice writing.

実用 平仮名 字源 1.jpg
実用 平仮名 字源 2.jpg

趣味の書道ネットサークル

(書道上達 & 健康維持)

 

お問い合わせ

hm5771@gmail.com

  • YouTube