【趣味の書道ネットサークル】

◎どんなに離れていても、ネットで繋がり、学習できる。 

◎いつでも、自由に取り組める。

​◎A4サイズでお手軽に、自分の机上で。

教秀会 勉強法 .jpg
スクリーンショット 2021-01-24 4.09.05.png
スクリーンショット 2021-01-17 5.00.48.jpg
教秀会募集写真 .jpg

​身近な空間を ステキな場へ 変えていこう。

ポスター教秀 入会1.jpg
【教秀 ネット時代のつながる 書道 】



◎ 人に見せる書道から、
                                      自分が見て楽しむ書道


◎ 書かされる苦の時間から、
                                         書くことを選ぶ楽の時間


​◎ 変わらない周辺の環境から、
                                           生活を豊かにする環境


 
・10年くらい前、学校にいた時、ある方から、『今時、書道なんて、古い
ですよね。だって、これからは、コンピュータの時代で書かなくてもいい時
代がやってくるんですから。』と言われたことを思い出す。その時は、なん
となくそんな気はしていたが、何か違和感を感じていたのである。
 
・最近、書道に興味を持つ友人から、『どうやって、書いているの。』とい
う単純な質問を受けた。『ビデオを見ていると、どれも枠の線もないのに、
綺麗に文字がおさまっているので、いつも不思議に思っていた。』とその質
問の動機をあかしてくれた。

 
この2つのことは、自分の書道への考えをまとめるきっかけとなった。


 
◎練習で鍛えているのは、腕ではなく、勘である。
 
◎養った書道の勘とは、頭のスクリーンで自在に書けること。
 
◎だから、大小のスペース関係なく、きちんとおさめて書ける。
 
◎もちろん、基本的技術の習得が必要。
 
◎この域に達すると、文字を見ただけで、頭の中で書ける。
 
(そろばん・楽譜・お経・将棋盤・囲碁盤等、道具がいらないのと同様)
 
◎ つまり、右脳と左脳の調和により、勘を鍛えることが大切。
 
◎ 何百年も伝統として、残っているものには、意味と価値がある。
 
◎ これからのコンピュータ新時代に入っても、勘は役に立つ。
 
◎    デジタル(流行)と人間アナログの勘(不易)の調和。
 
◎    書道を通して、楽しく具現化していくことが私の役目。
 
 
 
 
【 使用筆 それぞれの◎メリット◆デメリット 】
 
小筆】◎使いやすく練習に最適である◆迫力に欠け、運筆がわかりづらい

実用的で日常生活の中で要求される機会がもっとも多い。

(パーター)ゴルフ例 



【中筆】◎適度な大きさで運筆がわかる◆書くスペースと準備・片付けが難

教育という特別の場で書くことが多い。

(アイアン)ゴルフ例 


【大筆】◎遠くからも見れ芸術性が高い◆作品収納スペースと経費等が大変

イベントや看板、作品等で書くことがある。

​(ドライバー)ゴルフ例 
 
 
◎ サークルでは、小筆を多用し、半紙にこだわらず、時代に合った練習を
行っています。(距離差・時間差・学習差の解消
​半紙ばかり大きな字を書いていると、実用で最も多い細字が書けなくなってしまいます。

しかも、古典のもとの字は70パーセント以上細字なんです。


ゴルフにたとえると、ドライバーばかり振り回し練習した人がグリーンホールでパターを持つようなもの。



​結論、
それぞれの練習が不可欠




塾や学校はドライバー養成のようなもの。

本サークルは、パター養成と言えば、

​ご理解いただけるでしょうか。



ちがいが伝わるといいのですが、、、

 
サークルキャッチコピー.001.jpeg