松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.14   岩沼

桜より松は二木を三月越し
さくらより まつはふたきを みつきごし
sakura yori  matuwa hutakiwo  mitukigosi

【教秀意訳】
 江戸を出発してから、三ヶ月過ぎて、ようやく二木の松を見ることができました。この松を見ることができて、とてもうれしいよ、挙白。

The meaning of this haiku

Three months passed away after leaving Edo and were able to watch a pine of Futaki at last. I am very glad to be able to watch this pine. I am full of the feelings that want to give etiquette to Mr.Kyohaku of my pupil heartily.

所指的這俳句

離開江戶後三個月過世了,終於可以看到一棵二木的松樹了。 我很高興能夠看到這棵松樹。 我充滿了想要為我的學生的Kyohaku先生禮儀送禮的感情。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『岩沼』   【No.14】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン