松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.16  平泉 高館

夏草や兵どもが夢の跡
なつくさや つわものどもが ゆめのあと
nathukusa ya thuwamonodomo ga yume no ato

【教秀意訳】
 私のいるこの地、藤原氏の栄華の跡であり源義経の最後の地も、今となっては、まるで夢のような話だ。ここで熱き夢を求めて、戦ったなんて信じられないなー。目の前には、ただ夏草が生い茂っているだけ。この世は、まさに無常だなぁ。
元禄2年(1689年)の夏 芭蕉詠む 

The meaning of this haiku

When a trace of my prosperity of this ground Fujiwara whom there is becomes the last ground of Yoshitsune Minamoto now, it is an at all dreamlike story. I demand a dream here, and it is unbelievable to have fought. Grass grows thick in the summer now. The world is always mutable.

所指的這俳句

現在有了這個地面藤原的繁榮的痕跡成為Yoshitsune Minamoto的最後的地方,是一個夢幻般的故事。 我在這裡要求一個夢想,戰鬥是難以置信的。 草在夏天變得濃密。 世界永遠是可變的。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『平泉 高館』   【No.16】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン