松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No.26 月山

雲の峰 いくつ崩れて 月の山
くものみね いくつくずれて つきのやま
kumo no mine ikuthu kuzurete thuki no yama

【教秀意訳】
 雲が月山(がっさん)の峰のようにもりあがっている。わたしたちがのぼっているときどきに、その雲の形はくずれたり、もりあがったりして、まるで呼吸しているようである。まさしく、月の山とよばれるわけがわかったよ。

なることだろう。(わたしは旅に出てしまうが・・・) 

The meaning of this haiku

A cloud swells like a peak of Mt.Gassan. The form of the cloud collapses to get out when we rise and swells and seems to totally breathe. I understood reason to be called a mountain of the moon definitely.

所指的這俳句

云层膨胀成像月山的高峰。 当我们起来并且膨胀并且似乎完全呼吸时,云的形状会崩溃。 我明白理由被称为月亮之山。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『月山』   【No.26】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン