松尾芭蕉 「おくのほそ道」

No. 28 酒田 1 

あつみ山や 吹浦かけて 夕涼み
athumi yama ya hukuura kakete yuu suzumi
あつみやまや ふくうらかけて ゆうすずみ

【教秀意訳】
 今まで山ばかり見てきたが、ここ酒田から、南に見える温海山(あつみやま)、そして北に見える日本海側の吹浦(ふくうら)とのびのびとした雄大なながめが、なんともいえず、最高だな~。見ているだけで、夕涼みができるよ。

 

The meaning of this haiku

I watched scenery only of a mountain till now. From here Sakata, I see magnificent scenery. (Mt. Atumi in the south, the beach of Fukuura along the Sea of Japan in the north)I watch this magnificent panorama and feel best. I have enjoying the cool of the evening.

所指的這俳句

到目前为止,我一直只在山里散步,但是从南面可以看到的酒田,温海山和北面日本海边的Fukaura的壮丽景色非常美妙。 只是看,我可以度过一个凉爽的夜晚。

【奥の細道 書道色紙】

書道 教秀 オリジナルブランド

 

  松尾芭蕉   『酒田』   【No.28】

 書道 教秀 

 色紙作品:27.3×24.2cm 

【祝 書歴四十年記念  奥の細道 書道色紙】

 

芭蕉の句を愛する自分が

想いを込めて

書きます。 

 

書道 教秀

Kyoushhu Calligraphy  Japan

​    松本 秀夫(雅号 教秀) 

素直に​想いを書に表現していきます

(想いの書道)

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン